5F

JCD

Tel 03-6277-4813
HP of Headquarters
HP of Kanto Branch

(Japanese) JCD(一般社団法人日本商環境デザイン協会)は、1961年に創立。1963年に社団法人として設立され、空間デザインの領域に関わる様々なクリエイターや組織によって構成されています。商空間をデザインする全国のインテリアデザイナーを中心に、建築家、コーディネーター、プランナーなど、410名以上の著名な会員、賛助会員として140社以上の企業が参加しています。

その活動の一つである「JCD Design Award」は、1974年に商環境を中心とする空間デザイン(人間.社会.自然といった大きな要素)の顕彰を目的として始まりました。その後も、その時代の空間デザインの価値と可能性を抽出するため、新らたな価値観を模索しています。JCD Design Awardは、空間デザイン領域における「コミュニケーションデザイン」という概念のもと、これからの空間デザインを予見させる作品、そして新たなる逸材の出現を期待しています。

また、毎年多くのシンポジウムやセミナーを、国内外で開催しています。「SECTION」は1993年から連続して企画している空間デザインをテーマとしたシンポジウムです。空間デザインの発信者であるデザイナー自身が参加し、他領域のクリエイター、ジャーナリスト、研究者とともに「空間デザインの今」をさまざまに判断してきました。最近では東京と大阪で年2回を開催し、それぞれ1000人規模が参加する大きなイベントとなっています。多くのパネリスト、モデレーターによって、実に様々なテーマの選択と、その時代を映し出す空間デザインを検証し、発信しています。

社会貢献活動の一つとして、2006年度から特別プロジェクト チーム「JCD SEED OF DESIGN AWARD委員会 = JCD Soda」を発足させ、さらに対象校を増やしながらデザインの啓蒙に寄与する活動に着手しました。「次世代を担う子供達にデザインの意識を高めてもらうこと」を目的に命名しました。具体的な活動として私たちJCD会員が学校に伺い“デザインによる教育のお手伝い”をする出前授業形式と、関連団体や公共施設と共催して行う タイアップセミナーがあります。いずれも児童・生徒が共通のテーマのもとに自由にデザイン制作に取り組む、そして完成した作品を専門家が 講評・評価し、子供たちに新たな発見や発想の機会を見出させる。JCDではこうした活動を充実させることで、社会貢献の一助となることをめざしています。

Back to the List