Event & Seminar

TDC / crafTecセミナー
「ケンチク写真現場 @ ゲンバー③」

NEW

©Kazue Kawase

日時 2019年7月12日(金)19:00~21:30
コーディネーター 船曳 桜子
登壇者 古澤 大輔氏 / 山岸 剛氏
会場 5階 クラフテック・ギャラリー
参加費 1,000円
申込み

今期のTDC/crafTecセミナーは全10回シリーズで、空間デザインのクオリティーを世に知らしめる存在「写真」と「編集」の現場から、メッセージをトークショーという形でお届けします。
@ゲンバー第3回目は、コンクリートのフレームそのものが浮かび上がったかのような外観の自邸が今、多数の雑誌やメディアを席巻している建築家・古澤大輔氏と、写真集『Tohoku Lost, Left, Found』(LIXIL出版、2019)を上梓し注目を浴びる建築写真家・山岸剛氏のクロストークです。
自邸の躯体完成後、竣工後、そして住まわった後の3回にわたり、建築写真を撮られた意図や、山岸氏が東日本大震災を跨いで8年以上撮り続けている東北の風景の変遷などのお話を交えて、建築と写真の関係性の変化を、時間を超えてどう捉えていらっしゃるか、じっくりとお聞きしたいと思います。

古澤 大輔(ふるさわだいすけ)

1976年東京都生まれ
2000年東京都立大学工学部建築学科卒業/2002年同大学大学院修了/同年、メジロスタジオ一級建築士事務所代表(2013年まで)/2008~2012年明治大学大学院、首都大学東京大学院、東京理科大学大学院非常勤講師を歴任/2010年リライト参画/2013年メジロスタジオ一級建築士事務所を株式会社リライトDへ組織改編・同アドバイザー/2013年より日本大学理工学部建築学科助教
○研究テーマ:廃校や団地、工場など老朽化した建物を転用する、再生建築の設計・研究。
○受賞歴:八戸市新美術館公募型プロポーザル優秀者(2017年)/日本建築学会作品選集(2017年)/グッドデザイン賞ベスト・100及び特別賞(2016年)/JCDインターナショナルデザインアワード金賞受賞(2015年)/日本建築家協会優秀建築選(2015年及び2011年)/日本建築学科作品選奨受賞(2012年)/SDレビュー朝倉賞受賞(2011年)/他、空間デザインコンペティション金賞受賞など。
写真©Kazue Kawase

山岸 剛(やまぎしたけし)

写真家。1976年横浜市生まれ、川崎市在住。
1998年早稲田大学政治経済学部経済学科、2001年早稲田大学芸術学校空間映像科卒業。
人工性の結晶としての「建築」と、それが対峙する「自然」との力関係を主題とするものとしての「建築写真」を制作する。 2010-11年日本建築学会会誌『建築雑誌』編集委員。2014年第14回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館チーム、写真ディレクター。
個展に「Tohoku - Lost,Left,Found」(コニカミノルタギャラリー、2014)。
写真集に『景をつくる 井上剛宏作庭集』(鹿島出版会、2014)。そのほか『映画空間400選』(LIXIL出版、2011)への寄稿など。

一覧へ戻る