Event & Seminar

日本デザインコンサルタント(JDCA)協会連続シンポジウム オリンピックに向け「東京のブランディング戦略」を考える

日時 2016年1月13日(水)

第3回「パラリンピック〜 環境と文化のデザイン」

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて今、東京には何が求められるのか。JDCAシンポジウム第3回のテーマは「パラリンピック」です。スポーツ評論家の玉木正之氏、日本建築家協会会長の芦原太郎氏をパネリストとして迎え、「より早く、より高く、より強く」のオリンピック・モットーを超えた「より美しく、より人間らしく」スポーツする価値観への変化を語り合いました。同時に過去4回のパラリンピックを撮影し、パラリンピックスポーツの魅力を写真を通して伝えてきた写真家、越智貴雄氏の写真展を開催しました。

モデレーター
船曳 鴻紅 JDCA代表理事(東京デザインセンター 代表)
パネリスト
芦原 太郎 建築家、日本建築家協会会長
越智 貴雄 写真家
玉木 正之 スポーツ評論家

主催:JDCA

一覧へ戻る